番組

洞口依子の病気は子宮頸がんとリンパ浮腫で現在は?子供や息子についても


 
 
2019年3月1日の爆報!THEフライデー

女優でタレントの洞口依子さんが登場すると

話題となっていますね。

 
洞口さんといえば、80年台に大活躍された女優さんですが

そんな洞口さんの人生というのは女優生活だけではなく

闘病生活もあったのです。

 
というわけで今回は洞口さんの過去に患った子宮頸がんや

謎の病と言われたリンパ浮腫についての状況を紹介したり

お子さんについても調べてみたいと思います。

 
Sponsored Links

プロフィール

 
*名前:洞口依子(どうぐちよりこ)
*本名:葛西依子
*生年月日:1965年3月18日
*年齢:53歳
*出身:東京都武蔵野市
*血液型:A型
*身長:164cm
*職業:女優、タレント(1985年〜)
*学歴:東京立正高校
 
 
洞口さんは東京都出身の女優でして

デビューしたのは高校一年生のときです。

 
その喫茶店とは、写真家である篠山紀信さんのスタイリストの方が

経営する喫茶店で、当時高校生だった洞口さんは

その喫茶店でアルバイトをしていたことがきっかけで

篠山さんに写真撮影をしてもらうことができたようです。

 
そして1980年11月「週刊朝日」の表紙を飾り

なんとEPICソニー・スターメイキングコンテストで優勝しており

雑誌「GORO」で篠山紀信の「激写モデル」として芸能界デビューを果たしました!

 
なんという素晴らしいシナリオですが

ここからは女優として活躍しています。

 
1985年に初出演した作品は映画「ドレミファ娘の血は騒ぐ」で

このときは主役としてつとめており

1986年にはドラマにも出演しております。

 
その後の出演ドラマは以下の通りです。

 
1986年、『女の人さし指』(久世光彦演出)
1992年 テレビドラマ『愛という名のもとに』
1997年、TBS『ふぞろいの林檎たちIV』
1999年、ウクレレバンド「パイティティ」
2006年、ネットシネマ『マクガフィン』
引用元
 
また、洞口さんは「パイティティ」というウクレレバンドをやってました。

サザンオールスターズの関口和之さんからウクレレをやることを

勧められ、始めたそうです。

2007年にマキシシングル「マクガフィン」を発売しております。

 
映像作家の石田英範さんと共に活動しています。

 

 

洞口依子の病気は子宮頸がんとリンパ浮腫?

 
洞口さんが子宮頸がんと告知されたのは2004年1月頃になりますが

当時は子宮と卵巣の全摘出手術を受けることになります。

 
その後の後遺症における過酷な闘病の自信のブログで語っていますが

現在では自ら書籍を出してその内容について綴っています。




洞口依子さんにとって一番怖かったのは

子供がほしいというより、女性としての表現をしなくてはいけない
女優で女を失うことで何が残るのか
というのがあるそうです。

 
そこから数年後かけて洞口さんの中で吹っ切れて

今では子供が埋めなくても、洞口さんの中から生まれてくるものを

表現しているようです。

 
しかし、洞口さんは手術後にリンパ節に転移していることを発覚し

放射線・科学治療も受けています。

 
Sponsored Links


 
手足がうまく動かず、朝の障害にも悩まされ、2004年4月に退院してからも

体調が悪い日々が続いていました。

 
ホルモンバランスの崩れによって、太りやすい体になり

2005年頃には70kgまで太ったことをブログで告白しています。

 

引用元

 
しかし、手術から12年たった頃に、洞口さんはリンパ浮腫を発症しております。

リンパ浮腫というのはガンの手術の際にガンの転移が疑われるリンパ組織を

切除した事によって起こる副作用です。

 
リンパ組織を切除してもリンパ浮腫を発症しない人もいれば、

洞口依子さんのように手術から10年以上経ってからリンパ浮腫を発症する人もいるのです。

発症してしまうと完治するのが難しいこのリンパ浮腫の治療にも

洞口依子さんは果敢に取り組んでいます。

リンパ浮腫のリハビリは施術者の数に対してリハビリを必要とする人が多すぎるので
予約を取るのも一苦労だそうです。
 
しかし、洞口さんはそんなリンパ浮腫の厳しい現状にもめげずに

リンパ浮腫による変化を楽しむために、ファッションに力をいれたり

髪を短くしており、頑張っていることがわかります。
Array  
ちなみに洞口さんには闘病期間中支えてくれたのは

夫である葛西弘道さんになります。

 
洞口さんは、1997年にNHKのディレクターである

葛西さんと結婚しており、闘病期間中、妻である洞口さんを支えていました。

 
洞口さんは子宮頸がん治療後は、更年期障害と重なり

ホルモンバランスが乱れ、不安障害と鬱が発症しました。

 
精神的に不安定になり、夫に罵声を上げることが多かったそうです。

 
その時に夫である弘道さんは沖縄での療養生活を提案し

そこで洞口さんのメンタルケアを行いました。

Sponsored Links


 

洞口依子の子供や息子について

 
ここまでの話を聞けばわかりますが、洞口さんはお子さんを産むことは

できない体になっており子供がいないということです。

 
ただ、過去に「いつかは彼の子供を産みたい」と強く望んでいたので

子宮全摘出のときは、その夢を諦めなくては行けないということが

苦渋の決断だったようです。

 

まとめ

 
というわけで今回洞口依子さんのことについてでしたが

女優そして文筆家としての洞口依子さん、そして一人の女声としての洞口依子さんが

これからも動き続けることは間違いありません。

 
結婚相手に巡り合った洞口依子さん、これから葛西弘道さんと

生涯付き合っていくことになりましょう。

 
というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Sponsored Links