未分類

原子炉主任技術者(平成30年)の試験の合格率や最低点数は?解答速報や反応まとめも


 
原子炉主任技術者とは、原子炉設置者の行う原子炉の運転に関して

保安の監督を行うために、炉ごとに炉主任の専任が必要とされてます。

 
その中で原子炉主任技術者は、その炉ごとの主任としてなるものでして

国家資格としてえらばれております。

 
今回は原子炉主任技術者の試験の合格者や最低点数などについて

紹介していきます。

 
Sponsored Links

 

原子炉主任技術者の難易度や合格率について

 
資格試験の概要等については以下のサイトで確認がいいです

第60回原子炉主任技術者試験筆記試験の施行
 
その中で気になることは

・合否基準
・合格発表日
になります。

ただし、口答試験もあるので、実際には半年以上はかかります。

 
合格者の発表については以下の通りになります。
筆記試験の合格者の氏名は、平成30年6月上旬頃に官報で公告し、同時に筆記試験合格証を本人に送付する。 (備考)口答試験の施行については、追って官報で公告するが平成30年8月頃に東京都内で実施する予定である。
引用元
 
そして合否基準については以下の通りになります。
合否基準は、各科目100点満点とし、下記(1)から(5)までの全て又は(6)が満たされること。
(1)平均点が60点以上であること (2)「原子炉に関する法令」及び「放射線測定及び放射線障害の防止」が60点以上であること (3)「その他の科目」で60点未満が2科目までであること (4)「その他の科目」で50点未満が1科目までであること (5)40点未満がないこと (6)筆記試験の一部免除を受けた者は、「原子炉に関する法令」が60点以上であること
引用元

原子炉主任技術者の合格率は?

 
Sponsored Links


 
合格率についてですが、わかる限りでは以下の通りになります。
  平成29年 平成28年 平成27年 平成26年 平成25年
受験者数(名) 233 222 不明 不明 不明
合格者数(名) 36 19 19 34 33
合格率(%) 15.5 8.6 不明 不明 不明
 
27年度以前の受験者数については公表されてないので不明ですが

平均から考えると220名ほどはいると考えられます。

そこからの平均合格率はざっくりだすと10%ほどなので難関といえます。

 
その理由について知恵袋でたまたま見つけたものですが

本当に必要な方しか受けないレベルらしいですね。
基本的にこのレベルの資格になると、真に必要な 方しか受験しないでしょうし、受験に十分な知識 や能力がある方しか欲しないでしょうから、万人 向けの教材や予備校などは色んな意味で不要なの かもしれませんね。逆にそういう方が真剣に取得 しようとすればアッサリ取れるのかもしれません。 どちらの資格も受験者は百人単位で、合格者も数 十人程度ですし・・・
引用元

原子炉主任技術者試験の解答速報について

 
現状確認できる速報サイトは以下の通りになります。

解答は分かり次第お伝えします。

 
原子炉主任技術者解答速報掲示板2019

 
Sponsored Links