未分類

核燃料取扱主任者(平成30年)の試験の合格率や最低点数は?解答速報や反応まとめも

 

今回は、平成30年に行われる核燃料取扱主任者試験について

合格点数や解答について取り上げていきます。

 

Sponsored Links

 

核燃料取扱主任者について

 

核燃料取扱主任者とは、核燃料物質の加工及び使用済み核燃料の

再処理でしたり、管理を行うための国家資格のものです。

 

核燃料取扱主任者とは、核燃料物質の加工および使用済み核燃料の

再処理において、その取扱や管理等に関して高度の専門知識と技術を

もって監督・保安責任者のための国家資格。

引用元

 

原子炉等規制法での核燃料物質とは

ウラン、トリウムなど原子核分裂の過程において

高エネルギーを出す物質のものがあたります。

 

受験資格については誰でも受けられるので

敷居は低いのですが、合格率が約39%となっているので

難易度は高い試験になっております。

 

ただ、受験者数が非常に少ない試験なので

「本当に必要」と思ってるひとが受ける試験なのでしょうか

実施年 受験者数 合格率
2018年 64人 39.1%
2017年 63人 27%
2016年 66人 37.9%
2015年 59人 39%
2014年 70人 31.4%

 

試験科目

  1. 核燃料物質の化学的性質及び物理的性質
  2. 核燃料物質の取扱いに関する技術
  3. 放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術
  4. 核燃料物質に関する法令

 

試験内容・合格基準

1日目
核燃料物質に関する法令: 10:00~12:00(2時間)
核燃料物質の化学的性質及び物理的性質: 13:30~15:30(2時間)
2日目
核燃料物質の取扱いに関する技術: 10:00~12:00(2時間)
放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術: 13:30~15:30(2時間)

各科目100点満点とし、科目毎の得点がいずれも60点以上で合格となります。

 

合格発表については2019年6月上旬頃ですので

結果が出るのはちょっと遅めになります。

 

核燃料取扱主任者の試験の解答速報について

 

解答速報については現在のところ見つかっておりません。

 

核燃料取扱主任者の反応まとめ

 

 

 

Sponsored Links