未分類

自動車整備士(平成30年)の試験の合格率や最低点数は?解答速報や反応まとめも


自動車整備士についてとりあげていきますが

自動車整備士とは自動車のメンテナンスに従事する人を指します。

 
最近では電気自動車も出てきておりますが

それでも車両整備というのは大事なことであり

それに不手際があれば交通事故の原因になります。

 
なので、今の世の中では必要とされる資格なので需要がありますが

果たしてその試験の合格難易度や反応についてどんな感じなのか

今回はこちらについて取り上げていきます。

Sponsored Links

自動車整備士の資格について

 
自動車整備士の難易度については比較的優しいものでして

大体の確率としては以下の通りになります。
1級筆記:24.4%
2級:85~93%
3級:57~59%
電気装置:48.9%
車体:97.0%ほど
引用元
 
活躍場所については自動車整備士の多くは

自動車整備工場やカーディーラー、カー用品店で活躍したり

ガソリンスタンド、車検専門工場、塗装店などでも活躍されています。

 
やっぱり自動車が好きで、メカニカルな部分にも強い関心がある人が

自動車整備士に向いており、それに、重たい部品を運んだりすることも

あるので、体力に自身があったり、おまけにエコカーなどの流れもあるので

向学心を持てる人が結局は向いているんでしょうかね。

 
ちなみに自動車整備士の試験のなかで一番最上級の資格としては

「1級自動車整備士」でして、さらにハイレベルな整備士としての

役割を果たすことが可能になります。

 

自動車整備士の難易度は?

 
まず、自動車整備士としての仕事としてはそれぞれ

1級、2級、3級、特殊の4種類があります。

3級では整備士として出来る作業に制限がありますので

整備作業の全般が可能な1級か2級を取得していなければ

自動車整備士として仕事をするのは困難です。

先程も紹介しましたが、1級と2級の違いはというと

2級はそれぞれの資格の分類に合った自動車や箇所でしか

整備を行う事が出来ませんが、1級なら全部の自動車を

扱うことができるので、その点で違いがあります。

合格率については先程でも上げましたが

2級の合格率はかなり高いので、ちゃんと勉強していれば

受かるレベルになっております。

ただ、1級の合格率に関しては30~40%と低くなっており

全体的に難しくなっております。

自動車整備士の解答速報について

 
現状の速報についてはありませんが

こちらのサイトでは自動車整備士の専門サイトなので

もしかしたら出てくるのかもしれませんね。。

自動車整備士.com
 

自動車整備士の反応まとめ

Array Array  
 
 
 
 
 
Sponsored Links