ドラマ

チャンネルはそのままのあらすじ・ネタバレや感想についてのまとめ


 

HTBの開局50周年ドラマ『チャンネルはそのまま!』の

放送日がそろそろ近くなりましたがどんなドラマになるのでしょうか?

 

原作は佐々木倫子さんの同名漫画「チャンネルはそのまま!」を元に

作成されたドラマですが、どんな展開になるのでしょうか。

 

というわけで今回はチャンネルはそのままのあらすじやネタバレについて

まとめてきましたので、どんな話になるか見てみましょう。

 

Sponsored Links

チャンネルはそのままのあらすじについて

 

原作で紹介されている「チャンネルはそのまま」のあらすじは

以下の通りになります。

 

「チャンネルはそのまま」1話

 

今度の主人公は「バカ枠」記者…!?バカだけど、変だけど、何かがひっかかる女・雪丸花子が、地方テレビ局を舞台に繰り広げる爆笑奮闘記!!
北海道☆[ホシ]テレビに勤める雪丸花子は、この日から報道部記者となった入社2年目。さっそく道警班キャップに昼のニュース取材へ同行させられ、待っていたのは増水した川岸での大雨報道。そこで生中継をすることになったが、キャップが不慮の転倒で足を痛めてしまい、急きょ雪丸が中継報道をやることに。なんの心準備もなくテレビに初めて映ることになった雪丸だが、果たして…?

引用元

「チャンネルはそのまま」2話

北海道☆テレビのテレビマンは今日も、時間に追われ、事件・事故に機敏に対応し、天気に振り回され、視聴者の反応を伺いながら働いている。そんな彼らにとって最大のトラブルメーカーは…報道部新人の「バカ枠」記者・雪丸花子。
広報部長からの依頼でイベントに駆り出された報道部新人の雪丸と山根。イベント中は、局のマスコットキャラクター「ホシイさん」の着ぐるみに広報部長が自ら入り、雪丸はそのホシイさんのお世話をする係に。動きに制約がある着ぐるみを誘導してあげたり、飛びついてくる子供から守ったり、世話係も意外に重労働。そんな中、ホシイさんに最大のピンチが…!?

引用元

「チャンネルはそのまま」3話

謎の採用枠「バカ枠」で北海道☆テレビに入社した雪丸花子。報道部に配属されて数か月、行く先々で騒ぎを起こしつつも記者として成長している…のかいないのか!?初めて命じられたヘリコプター取材では、パイロットも巻き込んでの大騒動に…!!

引用元

「チャンネルはそのまま」4話

謎の採用枠「バカ枠」で北海道☆テレビに入社した雪丸花子。座礁船取材ではデスクから乗組員のインタビューを取れと命じられ大張り切り。ライバル局「ひぐまテレビ」の記者も巻き込んで仰天の結末に…!!一方、花子のバカ係・山根の身にも大きな変化が…

引用元

「チャンネルはそのまま」5話

「バカ枠」で北海道☆テレビに入社した雪丸花子。彼女に振り回されてばかりの同期・山根は「バカ枠」について調査を始める。すると、そこには衝撃の事実が…!?釧路支局編、山根の高校時代ほか、注目エピソード満載!

引用元

「チャンネルはそのまま」6話

不振が続く北海道☆テレビでは、小倉部長の発案で新番組「夕方ビッグバン」が始まり花子もそのスタッフに。
ひぐまテレビの攻勢も激しくなる中、花子らは前代未聞のドラマ企画「北のさくら」に挑もうとするが、社内からは反対意見が続出。
一方、山根は「バカ枠は、酷使しすぎると普通の人になる」という事実に気が付き・・・!?

引用元

 

チャンネルはそのままのネタバレや感想について

 

Sponsored Links

 

「チャンネルはそのまま」の感想としては

バカ枠採用の雪丸花子、憎めないバカだ。これから先も

どんなミラクルを起こしてくれるのか楽しみなんですよ。

 

主人公である雪丸花子は“運”だけで渡り歩いていきます。

めちゃくちゃ叱られているし、呆れられてはいるんだけれど

何とかやっていけるという強運の持ち主です。

 

みんなが常に花子さんの面倒を見てくれますが

特に同期の山根くんだ常に見てくれてます。

最初は嫌な奴かと思いますが、呼んでくると

なんだかんだいいやつなんじゃないかと思わされます。

 

ちなみに水曜どうでしょうのファンでもある私からすると

藤村Dをモデルにしたキャラクターがいるので、ちょっとフフッってなります。

 

 

Sponsored Links