ドラマ

僕が笑うと(ドラマ)のキャストや相関図について!あらすじやネタバレも紹介!


 

 

カンテレ開局60周年特別ドラマ「僕が笑うと」が、3月22日に

フジテレビ系列で全国放送されることが決まっております。

 

舞台としては、戦時中の大阪を舞台にhして

5人の孤児を用紙として育てた夫婦のストーリーになります。

 

というわけで今回は井ノ原快彦主演ドラマ「僕が笑うと」の

キャストやあらすじなどについて取り上げていきます。

 

Sponsored Links

 

僕が笑うと(ドラマ)のキャストについて!

 

 

「僕が笑うと」で主役を務める井ノ原さんと上戸彩さんの

役どころについて紹介していきます。

 

 

 

主演:鈴木重三郎(井ノ原快彦)

主演は井ノ原快彦さんで鈴木重三郎という役で出演します。

引用元

 

鈴木重三郎とはどういった人物なのかについて箇条書きすると

・大学の助教授

・研究熱心で感情を表に出さない

という人物になります。

 

しかし、とあるきっかけで孤児を養子として迎え入れたことで

彼の生活は一変し、悩みながらも、子供と向き合う重三郎の顔には

次第に笑顔が増えていき、「ユーモラスな父親」へと成長していくのです。

 

Sponsored Links

 

研究一筋な男性が、ユーモラスな父親になっていくようですね。

共演者の上戸さんからは、井ノ原さんにピッタリの役柄と言われています。

 

重三郎という役どころについて

僕も元々はそんなに大騒ぎするほうではないので

周りのメンバーによって違う自分を引き出してもらえるのですが

寡黙な重三郎もあれだけたくさんの子供に囲まれたら否が応でも

大声が出るし、そういった部分を重三郎自身も感じながら

徐々に父親になっていくところは意識して演じました。

引用元

鈴木誠子(上戸彩)

 

そんな重三郎さんに小気味よくツッコミを入れつつも

暖かく支える妻の誠子を演じることになります。

 

誠子についてですが、自信の体調の問題で、医師から妊娠は

難しいと伝えられております。しかし、母親として母親として子供を

育てることに強い憧れを抱き、重三郎に孤児を引き取ることを懇願し

念願かなって孤児を引き取り、育てることを決意しました。

 

だだ、戦争に酔って生活がひひに厳しくなっていく・・・・・

 

という感じですね。

上戸彩さんによればこんなコメントを残しています。

「一瞬でのめり込んでいき、涙が止まりませんでした」と語るほど

優しさと芯の強さを併せ持つ誠子という役には思い入れが深い様子。

引用元

吉田史郎(竜星涼)

引用元

吉田さんの立場としては植物研究者である重三郎さんの助手であり

重三郎さんの話し方や性格が変わっていく姿を見守る役を努めます。

 

しかし、時代は太平洋戦争の真っただ中。戦局の悪化に伴い

ついに理系研究者の吉田にも召集令状がくることになります。

鈴木重三郎の幼少期(柳下晃河)

引用元

その他では、鈴木重三郎さんと鈴木聖子さんの養子の間で

浩太(渡邉蒼)、節子(伊藤栞穂)健作(石澤柊斗)

虎之助(原田敬太)、トメ子(竹野谷咲)が挙げられます。

 

飯豊まりえさんについては詳しい役まではわかりませんが

関西弁に挑戦したというツイートがあったので

関西弁の役をしたのでしょうかね

僕が笑うと(ドラマ)のネタバレについて

 

ドラマ「僕が笑うと」には、原作や、主人公のモデルがあるか

気になるところですが、今回の「僕が笑うと」では

完全オリジナルストーリーで書き下ろされた作品です。

 

公式ホームページでも、原作やモデルについては触れられてませんでしたが

下記コメントでは「これは、大阪を舞台に実在したかもしれない家族の物語」

ということですので、当時の日本人を創造して

ストーリーやキャラクターを組み立てたことが想像できます。

 

しかしオリジナルドラマですので

ちょっとそこまではわかりませんということになります。

 

その中でネタバレ予想ということですが

考えられる限りでは「戦争に翻弄された家族の物語」が描かれていく

 

その中であるのは、忘れてはいけない戦争の現実

また、家族にスポットを当てているから点からも

古き良き日本の家族の絆を伝えたいのでしょうか。

 

戦争の影響により、重三郎と誠子、そして子供たちが

辛い想いをするシーンもあるとは思いますが

成長した重三郎の父としての姿や、それを辛抱強く見守る妻としての姿

それを時代に関係なく共感できるということでしょうか。

 

まとめ

 

今回は、ドラマ「僕が笑うと」の原作やモデルについて調査し

あらすじとネタバレについてまとめてみました。

 

原作でモデルではなく、オリジナルストーリーで描かれるのですが

よくある日本の家族を見せるとは思いますが

そこからどう見せるのか楽しみですね・・・!

 

というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links