人物

雪丸花子の役者名は芳根京子で経歴を調査!過去にはべっぴんさん出演してるあの子!

 

「チャンネルはそのまま」が先行配信されましたので

見ているのですが、結構面白いですね。

 

そもそも「チャンネルはそのまま」は北海道のローカル局を

舞台にした作品で、HTB北海道テレビをモデルにしております。

 

今回の主役である雪丸花子さんは自分自身がバカ枠として採用され

そのことを花子さん自身はわかっていなかったそうです。

 

今回はその雪丸花子さんを演じる人について誰なのか紹介していきます。

 

Sponsored Links

 

雪丸花子を演じる役者名は誰?

 

雪丸花子を演じる役者の方は「芳根京子」さんになります。

プロフィールについては以下の通りです。

名前:芳根京子(よしねきょうこ)

出身:東京都

生年月日:1977年2月28日(22歳)

年齢:22歳

血液型:A型

身長:159cm

引用元

 

中学2年生でギラン・バレー症候群を発症。1年ほど学校に

通うことにも難儀したがその後克服しました。

ギランバレー症候群とは、体の各所にめぐている神経(末梢神経)が原因で、急に発症し数日で次第に手足が動かなくなる病気

 

2013年フジテレビ「ラスト♡シンデレラ」でデビュー。

その中で演じたのは大塚寧々さん演じる武内美樹と遠藤章造さん演じる武内公平の長女・武内咲。

 

この「ラストシンデレラ」の武内咲役は、オーディションだったそうなんです。

オーディション荒らしという異名を持つほど、

オーディションに合格することが多かったといわれる

芳根京子さんですが、本人によると

メディアに出演された後でも落とされているそうです。

 

オーディションの自己PRの欄に

「毎年オーディョンシを受けなくても仕事ができるようになりたい」

と書いたこともあるのだとか。

 

Sponsored Links

 

一般人にとってはわかりづらいのですが、相当オーディションは過酷なんでしょうね。

不合格が続けば精神的に辛くなるし、なにより自身をなくしてしまいます。

 

そんな中でオーディションを受けて、合格した役を演じきり

次のお仕事につなげていくことで、今の芳根京子さんがあるのですね。

 

その他にも2016年NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」ヒロイン

2018年フジテレビ「海月姫」主演、日本テレビ「高嶺の花」ほか

多くのドラマに出演されております。

 

そして映画にも出演されておりますので、ホント時の人みたいな感じですね。

 

まとめ

 

大注目の女優・芳根京子さんですが、ラストシンデレラでの女優デビューから

まだまだ5年ほどになりますが、ここまで注目されるのはすごいですよね。

というわけで今回はいじょうになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Links