未分類

久保大樹(パラ水泳選手)の経歴や障がい名について調査!出身大学や高校についても


 
報道ステーションで、パラ水泳の選手である久保大樹選手が

出演されますが、自己ベストを更新したりしております。

 
報道ステーションにおいてはもう一度競泳の世界へ・・・と書いており

一回引退間近になったのかと思いますが見た感じわからないですね。

 
経歴の方を少し見てみると、平成22年度の男子主将として担当しており

多くの後輩に見送られるという形になりました。

 
そんな久保選手について今回は取り上げていきます。

Sponsored Links

久保大樹選手のプロフィール


引用元

名前:久保大貴

出身校:日本体育大学

 
 
1歳から夢中になった水泳は、いつしか夢を「オリンピックの水泳選手」

と目標として取り組むようになり

ジュニアの頃から多くの全国大会に出場し好成績を残してきました。

 
しかし自分が設定したゴールへの目標に到達できずに一度は断念

仕掛けた時期もありますが、水泳から離れることはなく

卒業後は体育教師へとなりました。

 

日本体育大学では男子主将を務めた経験がある

 
Sponsored Links


体育教師へとなるまでの過程として久保大樹選手の

大学時代について少し紹介します。

 
久保大樹選手の出身大学は「日本体育大学」ですが

平成22年度の水泳部では、男子主将を務めた経験があります。

 
その時の「ご挨拶」がこちらになります。
東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様に、深くお見舞いを申し上げます。

先日卒業式を終え、4年間の大学生活、長かった学生生活もついに終わりました。

浜田監督、藤森コーチ、柳瀬コーチ、竹本前監督、OB・OGの方々、日体大を応援してくださった皆様、
そして、いつも支えてくれた両親。
本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

大学4年間で学んだことはとても多く、悩んで悩んで辛い事を仲間と乗り越えてきました。
楽しいことも数えきれないくらいありました。
これらの(学生生活)大きな集大成は、やはり昨年の日本学生選手権です。

昨年に掲げた大きな目標を達成できましたし、なによりも仲間とあんなに熱く戦えた夏は、自分にとっての一生の宝物です。
先輩方、バトンを無事渡す事ができました。
これからはOBとなります。
後輩の力に少しでもなれるように努力したいと思います。
これからも、日体大水泳部をよろしくお願いします。
前主将として挨拶をさせていただきました。

引用元
 
しかし、久保大樹選手自身の活躍は先程も書いたとおり

オリンピックまで及ばないレベルであったのです。

実績について調べてみても2000年代の大会では記録がなかった
 
卒業後は日本体育大学で教員となり指導者となりましたが

2012年にギラン・バレー症候群を発症することになりました。

Sponsored Links

ギラン・バレー症候群を発症

 
久保大樹選手は2012年にギラン・バレー症候群を発症しました。

その兆候は特にはなく、いつものように授業をしている最中に

突然襲ってきました。

 
違和感を感じた数時間後には首から下は全く動かなくなりました。

気づいた数時間後には体が動かないのは恐怖以外何者でもないですし

いつこんなことになるのか正直わからないです。

なんと食べ物のカンピロバクターを食べてギラン・バレー症候群と
なった人もいるので結構難しい病気だと思います。
 
水泳とともに生きてきた久保選手にとってこの病というのは辛い現実でしたが

それでも久保大樹選手を復帰させるきっかけになったのは水泳でした。

 
2012年にはリハビリの治療をうけながら2013年にはパラスイマーとして

再起することを決意しました。

 
その後のパラスイマーとしての戦績については大会新記録を出すなど

選手ではかなりの実績を上げています。
 
2016年 第16回全国障害者スポーツ大会 50m自由形・バタフライ優勝(大会新)
2017年 ジャパンパラ水泳競技大会 100m自由形・200m個人メドレー優勝
2017年 日本身体障がい者水泳選手権大会 100m自由形優勝、100mバタフライ準優勝
2018年 インドネシア2018アジアパラ競技大会 100m バタフライ 優 勝 100m 自由形 第2位 100m 平泳ぎ 第3位 50m   自由形 第3位 200m 個人メドレー 第3位 100m 背泳ぎ 第5位(日本新記録樹立) 400m リレー 優 勝(日本新記録樹立) 400m メドレーリレー 第2位(日本新記録樹立)
引用元
 
日本体育大学の現役学生とも写真を撮ってる光景もありますし

障害をはねのけて生きている感じがしますね。

 

引用元

 
ちなみに久保大樹選手はNEXTYLEというサイトで応援されてます。

 

 
というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Sponsored Links