番組

山口ゆい(アルペンスキー)はかわいいけど彼氏はいる?出身高校や大学も気になる!


幼少の頃からスキーに携わり、オリンピックや

ワールドカップの出場を目標に掲げているアルペンスキーの

プレイヤー山口ゆいさんについて取り上げていきます。

 
東京生まれ東京育ちながらも、スキーについて取り組み

小中学校で優勝を重ねてトッププレーヤーの仲間入りを

果たします。

 
今回はそんなアルペンスキーのプレイヤーの山口ゆいさんについて

取り上げていきます。

 
Sponsored Links

 

山口ゆいのプロフィール

 
Array
ここにボックスタイトルを入力

・名前:山口ゆい

・出身:東京

・生年月日:1998年12月18日

・得意種目:大回転

 
幼少の頃からスキーに携わり、小中学校から

大きな大会に出場しております。

 
出場した大会については

・小学生1・2年生の部門で優勝

・中学時代では全国大会を制覇

・世界チルドレンスキー大会に2年連続日本代表として出場

 
しかし高校時代に二度の大怪我に見舞われ

リハビリ生活を強いられた苦しい時期がありました。

 
しかし、そのリハビリを超え、再びトッププレーヤーとして

全日本ジュニアスキー選手権大会準優勝や

東京都スキー連盟から特別強化指定選手に認定されたり

大きな活躍をみせております。

Sponsored Links




ちなみに、なんで山口選手はこうした怪我を軽々乗り越えたと思いますが

山口選手自体は痛く辛い時期を過ごしていたそうです。

 
このまま自分はスキーをやめてしまうのはないかと不安になった

時期もありましたが、その時山口ゆいさんが自問自答したとき

「スキーをやめたら自分はどうなるんだろう・・・・」と出し

その時出した答えが

「オリンピックでメダルを獲るまでは辞めたくない。自分の納得がいくまでスキーをやりたい」
となり、オリンピックという目標に向かって自分を奮い立たせてます。

 
それからは怪我で練習でできなくても、今できることをしようと

考え始めました。それからはトレーナーに自分から相談したり

情報収集のために多くの人とコミュニケーションをとり

今の自分ができることをやり続けることをしました。

 
後に山口さんは「けげをしてなかったら、ずっと一人で

悩んでいたと思う」と振り返っています。
ケガをしたことで弱い自分に気づいた。 いつも支えてくれる両親や周囲の人たちの大きさに気づいた。 スキーは1人でやる競技だけれど、1人ではできないことに気づけた。 自分はたくさんの人に支えられてスキーができていることに気づくことができた。
怪我をしたことで気づいたことは、普段の私達の生活でも

応用できるものでありますが、底から多くの気付きを得られた

山口選手もすごいですよね・・・!

 
ちなみに山口選手のTwitterでは膝の怪我の画像もありましたが

ちょっとショッキングなので見たい方は直接おねがいします。

>>>山口ゆい選手のTwitter

 

山口ゆいの出身高校や大学について

 
山口ゆいさんの出身中学や高校についてですが

学習院の方を卒業されております。

 
Facebookでは卒業した学習院の方で成人式の写真を

撮影されておりますが、実は卒業生だったのです。

 
Array 学習院での有名なスキープレイヤーは残念ながら

調べてみてもわからなかったのですが

何かしら理由があったのでしょうかね。

 
ちなみにトップスキープレーヤーになるために必要なのは

中学生まではセンスで、高校生は体力と技術が必要と

山口選手は語っております。

 
ちなみに大学は慶應義塾大学の法学部政治学科で

慶應義塾體育會スキー部に所属されております。
 
View this post on Instagram
 

4年間お世話になります! #keio_univ#keio#4/3#入学式#法学部#政治学科 #體育會スキー部

yui yamaguchiさん(@y.yski181)がシェアした投稿 –

Array  
慶應義塾體育會スキー部では、山口選手だけではなく

全国大会に出場されている選手がおり、かなりの活躍をみせております。

 
Sponsored Links




 

山口ゆいは可愛いけど彼氏はいる?

 
山口選手の画像を見てると可愛い画像が多いですよね!!!
Array というわけで調べては見ましたが、残念ながら彼氏の情報はありませんでした。

学校とかについては女子中等科や高等科ですので

スキーとかでの出会いになりそうですが、現在のところ

そういった情報はございませんので、付き合ってない可能性が高いです。

 
というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Sponsored Links