話題の出来事

令和はタピオカ説の真相や噂について!発祥元は誰かについても気になる

4月1日で新元号「令和」が発表されましたが

女子高生が発表した元号ってそういえば結構想像豊かなのが

かなり多かったですよね。

もともと新元号の考案については

「国文学、漢文学、日本史学、東洋史学の4分野の学識を有する」

複数の有識者に任せていたんですよね。

そんな中で女子高生がだした考案の中で

ひとつ「タピオカ」というのがありましたが

これが「令和」に似ているんではないのかと

話題になっております。

というわけで今回は令和がタピオカに似てるかについて

取り上げていきます。

Sponsored Links

令和はタピオカにはたして似ているのか

令和とタピオカはそもそも意味が違いまして

令和とはwikiではこう取り上げられています。

「令和」の典拠は、『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)である。確認される限りにおいて初めて漢籍ではなく日本の古典(国書)から選定された。

引用元

令和は元々万葉集からとられているのですが

タピオカとは皆さんも知っている通りこれです。

なのでそもそもタピオカと令和というのは

とても似ては似つかないものなのですが・・・・

Sponsored Links

令和=タピオカ説の真相について

タピオカが令和なのではないかということですが

これをみるとタピオカに見えなくもない・・・???

令和をタピオカと読む発想もなかなかですし

そうこじつけられるのがやばい・・・・・

つまり、タピオカと書いた女子高生は実は

令和になることを知っていたのでは・・・????

Twitterでもそんなツイートもあります。

というわけでタピオカは令和でいいでしょうかね・・!

まとめ

というわけで今回はタピオカが令和であるという説についてでしたが

まさか案外字を崩さなくても読めそうなのはびっくりしました。

ただタピオカと書いた女子高生はどこにいるのでしょうか・・・・

そりゃないだろ・・・・と思う回答も案外あっているのかもしれない

というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links