話題の人物

キャロルゴーン夫人の経歴や馴れ初めは?海外逃亡の噂や日本に戻る可能性についても

日産・三菱・ルノーをまたにかける凄腕経営者として

知られていたカルロス・ゴーンさんですが

現在では裁判まで戦おうと準備を繰り広げています。

カルロス・ゴーンさんの動きもそうですが

夫人であるキャロルゴーンさんはフランスに到着しており

一部の声では海外逃亡したという声も見受けられます。

キャロル夫人が代表を務める会社ビューティヨットに

少なくとも九億円が流れ、家族で使用する

大型クルーザー(約十六億)の購入費用に当てられたので

検察も事情聴取したかったのでしょう。

というわけで今回はキャロルゴーン夫人の経歴や

プロフィールについて取り上げていきます。

Sponsored Links

キャロルゴーンのプロフィール

引用元

プロフィール

名前  :Carole Ghosn
読み方 :キャロルゴーン
旧姓  :キャロルナハス(Carole Nahas)
年齢  :52歳 (2018年11月21日)
誕生日 :1966年10月
出身地 :レバノン出身

レバノンからアメリカのニューヨークへ移住しており

2016年にカルロス・ゴーンと結婚しております。

ベルサイユでグラン・トリアノンを借りてパーティーを行ったり

パリの16区の市庁舎で結婚式を行うなどといった情報しか

ありませんが、よくレッドカーペットのイベントに参加してます。

パリ市庁舎の画像ですがさっすがセレブの妻はやることが

違うなと思いますが、どんな料理だされたんでしょうかね。

引用元

そして、キャロルゴーン夫人はインスタもやられておりますが

非公開となっておりプライベートなものとなっております。

現時点で、175 posts / 208 followers / 349 following

なので親しい仲間内でやっているようですね。

引用元

カルロス・ゴーンとの馴れ初めや結婚について

Sponsored Links

詳しい馴れ初めについては無いのですが

どうやら再婚相手のようですね。

再婚相手で現在の妻であるキャロルゴーンとの結婚パーティーを

ベルサイユの大トリアノン大宮殿で行いました。

この結婚式についてですが

・2016年5月に行われた

・キャロル夫人の50歳の誕生日

ということもあり、より特別な結婚式になりました。

ソフィアコッポラの映画「マリーアントワネット」に触発された

結婚式でして、夕食やダンスなども映画から参考にしたそう。

結婚式には120名の人を招待しており

キャロル夫人のドレスもラビア・ケイルーズというデザイナーが

作成したということです。

キャロルゴーンが日本から逃亡した噂や戻る可能性とは

キャロル夫人が7日に日本から出国し

フランスに到着したそうですが、ネット上では

逃亡したんじゃないの?」という声があります。

キャロル夫人は「身の危険を感じた」とはありますが

どういう身の危険を感じるのかちょっとわかりませんね。

妻キャロルさんは、7日までに日本を出国してパリに到着した。

出国理由について「身の危険を感じた」と語った。

引用元

キャロル夫人は元々レバノンのパスポートを押収されましたが

なんと米国のパスポートがあったので、出国することが

できたようです。

はたから見ればやましいことがあるから任意聴取に応じずに

逃げたようにしか見えませんが、果たしてどう対応するのか

これからも注目を外せません。

というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links