未分類

本間希樹教授(まれき)は結婚して妻と子供がいる?出身高校や経歴がすごすぎ!

ブラックホール撮影という人類にとって
大きな発見を昨日発表されました。

今回のプロジェクトについては世界各国の研究者
200名程が集結して成し遂げたものです。

その中で日本人チームの代表研究者である
本間希樹(ほんま まれき)さんについて
どんな人なのかについて調べていきたいと思います。

Sponsored Links

本間希樹のプロフィール

引用元

名前 本間希樹(ほんま まれき)

出身 神奈川県

生まれ 1971年

出身 アメリカ合衆国テキサス州

高校は私立栄光学園で

東京大学大学院理学系研究科

天文学専攻博士課程を修了させてます。

専門は、超高分解能電波観測による

銀河系天文学。特に、銀河系の構造研究と

巨大ブラックホールの研究をしてます。

巨大ブラックホールを事象の

地平線スケールまで分解する

EHT(Event Horizon Telescope)

プロジェクトに日本側責任者として参加

そして2017年には

巨大ブラックホールの撮像を目指した観測

プロジェクトを実行することになり

おおよそ2年かけて撮影に成功しています。

ブラックホールの研究を行っており

2017年にはブラックホールに関する

著書も出されております。

もともとの情報もこちらの本から参照してきた部分が多いので

もっと知りたい人がいたらこちらの方が詳しく知れます。

ちなみに論文の方も多く執筆されており

ここでは紹介しきれない内容ですので

代わりに研究プロジェクトについて

載せておきます。

国際会議「Mapping the Galaxy and Nearby Galaxies」(2006年6月26日〜30日)実行委員会委員長
科研費
奨励研究A(2001年〜2002年)、若手研究B(2004年〜2006年)、基盤研究A(2009年〜2011年)、基盤研究C(2012年~14年)、新学術領域計画研究(2013年~17年)
稲盛財団 研究助成金(2003年)
東レ科学財団 研究助成金(2010年〜2011年)

引用元

そのブラックホールは非常に強い重力をもち

光さえ引き込むため、ブラックホール自身は見えませんが

電波望遠鏡を使えば、その周囲のガスの観測から

存在を確認することができると言われておりました。

そして、成功すればノーベル賞レベルですので

もしかしたら、ノーベル賞受賞されるのかも・・・・?

Sponsored Links

本間希樹は結婚して妻と子供がいる?

本間希樹教授は現在は岩手県水沢に

単身赴任されております。

自宅は神奈川県で奥さんと

長女がいるのは分りました。

年齢や名前などは一般人なので

情報はありませんでした。

本間希樹は現在も水沢にあるVLBI観測所長として岩手県に単身赴任中。ディレクター曰く「神奈川県の自宅取材中に長女が『天文部だ』というので『お父さんの影響?』と尋ねると『いいえ、お父さんは星座のこと知らないから』と突っ込まれていました。

なのでプライベートの本間さんは

家族に頭があがらない普通のパパですね…!

ちなみに仕事での本間さんは、気さくでなんでも

教えてくださる人として取り上げられておりました。

気さくでなんでも教えてくださる素敵な先生でした。
宇宙のこととなるとわからないことが多く、
何度も話を止めてしまいご迷惑をおかけしたのですが、
粘り強く教えてくださいました。

引用元

というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました

Sponsored Links