話題の出来事

阿蘇山噴火(2019)被害状況(範囲)や影響について調査!地震の可能性はある?


熊本県の阿蘇山で、4月16日午後6時32分に噴火が発生したことを

気象庁が発表しました。
Array 首相官邸の方でも速報が流れてきております。

気象庁が14日に、噴火警戒レベルを2に引き上げていました。

 
午後6時半ごろ噴火が発生し、噴煙が火口から

200メートルの高さまで上がりました。

 
というわけで今回は阿蘇山噴火の被害状況や

影響について取り上げていきます。

Sponsored Links

 

阿蘇山噴火(2019)の最新情報や被害範囲について

 
現在の阿蘇山噴火の状況についてはこちらで確認出来ます。


 
阿蘇山が噴火したのは2016年10月8日でおよそ二年半ですが

Twitterでの反応を見る辺りでは、そこまで大きな噴火ではないようです。

 
Array  
Array Array  
具体的な噴火状況についてですが、
レベル2では
加工から概ね1km以内の範囲内について
・火口から概ね1km以内の侵入禁止
・阿蘇山公演道路、阿蘇山ロープウェイ及び
仙酔狭ロープウェイが利用出来ない
 
という内訳になります。

 

引用元

阿蘇山噴火の被害状況について

 
Yahooニュースでの被害状況については以下の通りです。

 
この噴火に伴って、福岡管区気象台は18:32、阿蘇山に噴火速報を発表しました。阿蘇山の噴火は、2016年10月8日以来、約2年半ぶりです。
気象台では、阿蘇山に発表している噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を継続し、中岳第一火口から1kmの範囲に影響を及ぼす噴火に警戒するよう呼びかけています。

■警戒・注意事項
【警戒】
・中岳第一火口から概ね1kmの範囲:噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石、火砕流
【注意】
・風下側:火山灰、小さな噴石、火山ガス

◆用語解説
・噴火警戒レベル
火山活動の状況に応じて警戒が必要な範囲や、とるべき防災対応を5段階に区分して発表する指標。避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる。

現在の阿蘇山の警戒レベル

レベル2(火口周辺規制):火口周辺への立入規制等。

引用元
 
ライブカメラではまだそれほど噴煙が上がっていないので

活動規模としては大きくはなさそうですが

今後とも警戒をしていきたいですね。

 

阿蘇山噴火で地震の可能性はある

 
阿蘇山の噴火による地震の可能性についてですが

現状については地震の可能性はありません。

 
しかし、地震が発生したときを踏まえて防犯グッズの用意を

したほうがよいでしょう・・・・

 
Array というわけで今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
Sponsored Links