ドラマ

ミストレス(NHKドラマ)日本版の相関図まとめ!キャストや出演俳優についても


2019年4月から放送が開始されるドラマ10

「ミストレス~女たちの秘密」のキャストなどについて

取り上げていきます。

 
ミストレスは原作が海外のドラマでして

今回は現代の日本にアジャストして作られたそうです。

 
「現代日本の女性たちが感じる“生きづらさ”や“焦燥感”と真正面に向き合いながら、「生きるとは?」「人生の幸せとは?」をテーマに」
とあり、原作からのファンも期待できるドラマであると

考えられます。

 
Sponsored Links

 

ミストレス(NHKドラマ)日本版の相関図やキャストについて

・柴崎香織(長谷川京子)に関わる人

Array 香織は心療内科医で、親が残した都会の
小さな医院を継いだ継いだ一人暮らししている。

香織は元恋人がおり、外科医である小田切良太(蟹江一平)がいました。

しかし、医師の香織(長谷川京子)は不倫関係にあった
恋人・木戸光一郎の自殺が心の重荷になっていた。

木戸光一郎(橋本さとし)は建築家。貴志の父。
不倫関係にあった香織にモルヒネの処方を頼んでおります。

モルヒネについては簡単にいうと強い鎮痛剤ですが
毒性がかなり高いため、扱いに注意がいるとされています。
強力な鎮痛・鎮静作用があり、重要な医薬品である一方で強い薬物依存性を持ち
麻薬に関する単一条約の管理下にある。世界各国で麻薬取り締まり法規の対象薬物とされ
扱いが厳しく管理されている
引用元
その息子木戸貴志(杉野遥亮)は建築を学ぶ大学生だが
著名な建築家である父親を尊敬しており
父親の謎の死の理由を知りたいと香織につきまとうようになる。

その母親が、木戸佳恵(麻生祐未)で
香織が夫の愛人だったのではないとうたがっていますが
自分は夫に愛されていたと固く信じています。

 

野口友美(水野美紀)に関わる人

Array 野口友美(水野美紀)はパン屋で働く主婦で
7年前、海外の事故で夫が行方不明になってから
女手一つで娘を育ててきました。

野口俊哉(吉沢悠)友美の夫。建設会社社員で海外へ単身赴任をしていたが
事故に巻き込まれ行方不明になりました。

そんな野口友美には気になる男性が現れまして
その男性が安岡周平(甲本雅裕}という海外絵本の翻訳家
小学生の娘を育てるシングルファザーでして
何かと野口友美に近づきたがります。

また、ミキ(筧美和子)という友美に近づく女がいますが
幼い男の子の世話をしていますが、その様子は謎です。

原田冴子に関わる人々

原田冴子(玄理)は会社員でして、子供を欲しがる夫が無精子症だと
判明し夫婦の互いの心がすれ違うなか一夜の過ちを犯してしまいます。

原田冴子の夫である原田悟史(佐藤隆太)は妻思いですが
子供がほしいと考え始めた時期にすれ違ってしまいます。

原田冴子の同僚として坂口(細田善彦)は一見頼りない
草食系男子で、仕事ができる冴子にあこがれております。

原田冴子の上司は荒木太蔵(螢雪次朗)で
仕事ができる冴子になにかと目をかけています。

水島樹理に関わる人々

Array 水島樹里(大政絢)はフィットネスジムのトレーナーで
汗と筋肉をこよなく愛する恋多き女で
婚約者である曽我部直生(森優作)がいまして
彼は水島のことを天使のように見ているそうです。
ちなみにパパで山寺宏一が声を担当しております。

しかし、須藤玲というレズビアンとの出会いで
その恋愛観が一変して真実の愛に目覚めていきます。
Sponsored Links