ドラマ

腐女子うっかりゲイに告る(NHKドラマ)原作やネタバレは?キャストや出演俳優についても


今回特集するのは、4月20日から始まるNHKドラマ
「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る」というドラマです。

タイトルからしてツッコミどころが満載ですが一体どんな
ストーリーなんでしょうかね

最近は「おっさんずラブ」などLGBT系のドラマが話題になってますが
今回はいわゆる男同士のカップリングが好きと言われてる
腐女子とゲイの組み合わせになります。

ですが腐女子うっかりゲイに告るは原作がありそうなドラマですが
本当にあるのでしょうか?

今回は腐女子うっかりゲイに告るの原作やキャストについて
紹介していきたと思います。

Sponsored Links

腐女子うっかりゲイに告るのキャストまとめ

Array 安藤純(金子大地)
高校3年生で18歳で、幼い頃に父親と母親が離婚して
母親と二人の家庭で育ってきました。

幼なじみの高岡亮平や陽子にも隠していますが
実はゲイで、同棲の恋人佐々木誠(通称マコト)がいます。

同じくゲイをカミングアウトしているファーレンハイトと名乗る人物とSNSでつながり
日常の出来事から、心の中で抱える悩みまで相談している
Array 三浦紗枝(藤野涼子)
純の同級生。昔からBL(ボーイズラブ)にはまっている腐女子。
本屋でBLマンガを買っているところを純に見つかるが「腐女子バレ」を恐れ
黙っているよう頼む。実は、紗枝にはBL好きを隠しておきたい切実な理由があった。
本屋での出来事をきっかけに、紗枝は純に接近していく。親友の今宮麻衣たちを巻き込み
積極的に純に近づいていった紗枝は
水族館や遊園地でのデートを重ねた末、ついに純に告白する。
Array 佐々木誠(谷原章介)
「マコトさん」と純が呼び慕うゲイ・パートナー。ケイトが営むカフェバーで純と
よく待ち合わせをする。詳しい素性は明かさないが
妻も子もいる会社員らしい。同性愛者なのに、異性と暮らしている自分を
「卑怯なコウモリ」にたとえ、ゲイでありながら紗枝に惹かれていく
純の気持ちの揺れ動きに寄り添っていす。
Array 安藤陽子(安藤玉恵)
純を女手一つで必死に育ててきた母親。明るい性格で、
純にとっては親というより親友のような近しい存在。陽子は大切な一人息子の幸せな将来を心から願っているが、そのことが純のプレッシャーになる。純は陽子だけは心配させたくないと、ゲイであることをひた隠しにしている。

ファーレンハイト(声・小野賢章)
純がSNSでのみつながっている、謎に包まれた人物。お互いQUEENが好きということでネットで知り合った。自分もゲイであることを純にカミングアウトしている。博識で、純が迷ったときに様々なヒントを与えてくれる。純は何かと頼り、いつしかかけがえのない人生のパートナーとなっていく・・・。
Array ケイト(サラ・オレイン)
イギリス人。カフェバー「ʻ39」のオーナー。純がQUEENを愛聴するきっかけを作った。
純が腐女子の紗枝に惹かれていることに悩んで相談すると、「よくあること」と答えるが
「あなたは show を始めてしまった。」とも付け加える。

安藤純の学校の同級生

Array 高岡亮平(小越勇輝)
純の幼なじみで今も同級生。純がゲイであることは知らない。
明るく快活で、女子にもたびたび告白されるのに特定の彼女がなかなか出来ない。
それを純は不思議に思っている。純と紗枝を近づけるデートをセッティングするが
一方、紗枝の親友・今宮麻衣が自分に思いを寄せていることには気づいていない。
Array 小野雄介(内藤秀一郎)
純の同級生の一人。彼女がいる。クラスの人気者だが、亮平がセッティングした
純と紗枝たちのデートに同行したとき、このデートの “本当の目的” を純にバラしてしまい、紗枝との仲を裂こうとするなど、二人の恋路を邪魔する
Array 今宮麻衣(吉田まどか)
三浦紗枝の親友。紗枝と純の仲を取り持とうと、集団でのデートを亮平とともに画策する。亮平に気があるものの、亮平自身がそれに気づかないことにやきもきしている。

腐女子うっかりゲイに告るの原作はある?

タイトルにインパクトがあるこのドラマですが
原作について調べてみると「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」という
小説が原作となっています。
Array 原作の評判について調べてみると共感の意見が多く
さすがにドラマ化されただけありますね。
Array 最近のドラマでは

・3年A組

・家売るオンナの逆襲

・ウォーキング・デッド

・イノセンス(冤罪弁護士)

などあります。

二週間の無料トライアルキャンペーン中なので

この機会にぜひどうぞ!

Array というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Sponsored Links