未分類

小山智史の顔画像や職業は外務省職員で妻や子供は?

2019年5月28日の午前7時40分頃に

神奈川県川崎市多摩区にある登戸駅付近の路上で起きた

通り魔事件ですが、18人もの人が襲われていたようです。

そして、今回なくなった30代の男性の名前が判明したようで

お亡くなりになった方の名前は「小山智史」さんです。

外務省に約10人いるミャンマー語の専門家の一人でして

小山さんは外務省に約10人いるミャンマー語専門家の1人でした。

今回は小山さんについて取り上げていきます。

Sponsored Links

小山智史のプロフィール

外務省のエリートで、さらに通訳という大変難易度の高い職に就いていることから、国内出身者であれば東京外国語大学の可能性が高いです。

経歴が不明ですので、その他に、ミャンマーに在住していた可能性や、米国や欧州の学校出身の可能性もありますね。

外務省の年収は1000万〜3000万円ほどで、平均年収は1400万円です。
小山さんの年齢的には、1200万円前後と予測できますが、通訳管であることを考慮するとさらに多い可能性もあります。

今回の小山さんが襲われた理由についてですが

お子さんを保育園に送る途中だったそうでして

庇って怪我を追ったということです。

小山智史の家族構成は? 

小山さんの個人情報の細かいぶぶんについては発表されていません。

しかし、子供を見送る際に襲われているということで、結婚し、子供もいると推測できます。

奥さんと、お子様で暮らす家族であることが予測できます。

ちなみに小山さんはメディアにも出演されていたそうですね。

Sponsored Links