生活・日常

+675の発信元の犯人や手口の仕組みを調査!電話内容や着信拒否の方法もチェック!

こんにちはフラムです。

パプアニューギニアから突然電話が来ることが

最近増えているそうですね(私はないです)

国外から電話が飛んでくることが珍しいのですが

その珍しさに興味をもって折り返し電話をかけると

わずか1分で約550円もかかってしまいます。

さすがにそんな電話は出たくないのですが

一体犯人はなんの目的にやられているのでしょうか?

また、いくら出たくないと思っても

話の内容は気になる所であります。

そこで今回は+675の犯人や目的

そして着信拒否や電話内容について紹介していきます。

Sponsored Links

+675の発信元や犯人について

まず発信元についてですが

先程紹介した通り「パプアニューギニア」で間違いないです。

理由は国番号だから。

ちなみによく知らない方に説明すると

国際電話には必ず国番号(アメリカなら+1、日本なら+81など)

というものが必ず存在します。

今回のパプアニューギニアの国番号が+675なので

確実にパプアニューギニアからの着信なのです。

かけてくる番号は色々あって「いやぁんもう」となりますが

+675-7089-xxxxというパターンがかなり多かったです。

xxxxの方は完全にバリエーション豊富。

この+675-7089という番号が誰が持っているかについて

一応探しては見たのですが、どこだかわかりませんでした

日本でも同じ事があったときは検索していますけど

出処がわからないことが多いからなぁ・・

なので現状私が分かる範囲としては

「7089」はおそらく何か固定番号のようなもので

そこがわかれば出処がわかるのではないか

という推測であります。

高額料金のシステムや電話内容は?

これについては以下のツイートが非常に参考になります。

パプアニューギニアから不在着信をかけて

そこから掛け直しをした人に対して

通話料を取ることで、一部報酬が得られるようです。

そして電話内容ですが

なんだか外国人がすごく申し訳なさそうにしてましたね・・・

また、他にも出たかたがいらっしゃったのですが

女の外国人が英語で何かを言われていたそうです。

上記のことから察するに

内容はただ単に適当なこと(最近の日とか)を喋っており

通話料を得るために色々話すという目的ですね。

英語がわかる方で怖いもの知らずな方は

電話をかけてもいいかもしれませんね・・・

このことについて私は一切責任を取りません(断言)

+675の着信拒否の方法は?

iphoneならかけてきたら

その番号を履歴から削除することができます。

具体的にはこんな感じ(超雑な編集&au派です)

アンドロイドの場合はこのサイトが参考になると思います(丸投げ)

Androidのスマートフォンで着信拒否を設定/解除する方法

電話帳登録外のやつならすべて着信拒否にするというのは

中々素晴らしい機能ですよね・・・使いたいなぁアンドロイド

まとめ

というわけで謎の番号+675でしたが

仕組みさえわかっちまえばこっちのものです。

ただ知らない番号は出るのをやめて

一度検索をかけてみて信憑性は確かめたほうがいいです。

といっている私は知らない番号に出てしまいましたが・・・・・

その後2日毎日電話かかってきましたからね

(しかも授業中のタイミングにかけてくるク○)

というわけで

知らない番号は出ないようにしよう!

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links