人物

ユリアティモシェンコの若い頃の画像がかわいい!ガスの女王と呼ばれた理由も気になる!

投稿日:


こんにちはフラムです。

 

ユリア・ティモシェンコさんが

来年3月31に行われるウクライナ大統領選挙を

迎える中で「美しすぎる政治家」として注目されております。

 

オレンジ革命{2004年)の立役者の一人で

これまで2度大統領選挙に挑んでいますが

どちらも得票率2位で破れています。

 

ただかわいいだけではここまで登ってこれないので

そこまで上がった理由はなにがあるんでしょうかね

 

というわけで今回はユリア・ティモシェンコの

若い頃の画像やガスの女王と呼ばれた理由について

調べていきたいと思います。

 

Sponsored Links


 

ユリア・ティモシェンコのプロフィール


引用元

生年月日 1960円11月27日(57歳)

出身 ソビエト連邦(現ロシア)

前職 実業家

配偶者 オレクサンドル・ティモシェンコ

引用元

 

2008年にウクライナの首相となった

ティモシェンコさんですが実は実業家だったそう。

実業家のことについては後で触れるとして

とりあえず触りだけ。

 

wikiでの旧姓とかについては結構詳しくのっていますが

ラトビア系ロシア人で結婚しております。

旧名ユーリヤ・ヴォロドミリヴナ・グリギャンで

出身民族はラトビア系ロシア人(非ウクライナ人)。

アルメニア系ユダヤ人との説もある。

既婚者で夫はウクライナ人のオレクサンドル・ティモシェンコ。

引用元

 

麻生さんとの記者会見の写真もありますが

麻生さんもまんざらではない表情であります。


引用元

 

ユリア・ティモシェンコの実業家の面と逮捕について

 

ユリア・ティモシェンコさんは実業家としての面があり

特に天然ガスで最大の輸入卸業者になり

「ガスの女王」と呼ばれておりました。

 

しかし、ユリア・ティモシェンコさんには黒い噂もあります。

それは色々でてきますがwikiで乗っている情報では以下の通り

 

1.脱税の疑い

2.ガス貿易に関して不正に手に入れたガスを再販するという不正取引

 

この2つについてロシアでは指名手配をされておりますが

その件についてティモシェンコさんは現在もわかりません。

 

特に「2」の方では具体的にはこんなことをしていた疑いがあります。

2011年、ティモシェンコ氏はロシアとのガス取引をめぐる職権乱用罪で

実刑判決を受ける。ロシアが1,000㎥あたり250ドルで提供してくる天然ガスが

ウクライナの消費者の手に渡る時には350ドルになっていた。

1,000㎥につき100ドルが彼女の懐に入っていたというのだ

引用元

 

しかし、2010年にティモシェンコさんは

最高検察庁に起訴されましたが、この事件もちょっと面倒

簡単にまとめるとこんな感じ

 

・ティモシェンコの対抗であるヤヌコヴィッチが失脚を狙って仕組んだんじゃね?

・拘置所で支持者に気丈に振舞うティモシェンコの姿からパフォーマンスと疑われる

 

など、政治が絡むと色々面倒であります。

 

ちなみにこの件では、職権乱用と認定し

ティモシェンコに対し、禁錮7年と実刑判決を受ける形になりました。

ちなみ服役したその後も殺人罪で起訴されていますが

それに関しては現在でもわからないです

 

ユリアティモシェンコの若い頃の画像がかわいい!

 

 

ユリア・ティモシェンコの首相時代の画像がありますが

その画像がかなり美人と話題です。

 


引用元

 

ユリア・ティモシェンコさんの髪型ですが

これはウクライナの女性がする伝統的な髪型でして

三つ編みの状態から一回転して、頭で止めるそうです。

海外では『Crown Twist Braid』と呼ばれており

気高いお嬢様ヘアスタイルとして人気があるそうです。

どっかで見たことあるような髪型

 


引用元

 

ちなみに本当かわかりませんが

ティモシェンコさんの2000年(40歳)の画像がこちら

 


引用元

 

滅茶苦茶美人ですが、50代になってもこの美貌とは

正直恐れ入りますね・・・・夫が羨ましい

 

まとめ

 

というわけでユリア・ティモシェンコさんについてでしたが

もともとの髪型が黒髪なんですよね。

 


引用元

 

こーんな画像も見つかりましたが

やはり年を重ねても美容に気を使って

顔がきれいならば、整えさえすれば美人になりますよね。

 

政治での評判はかなりきつい言葉も出すそうですが

正直日本人の私からしたらあんまり関係ないような気もしますが・・・

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Links

-人物