スポーツとかなんとか 番組

山本拓哉(ボクシング)の戦績やランキングを調査!身長や筋肉も気になる!

投稿日:


こんにちは。フラムです。

 

ボクシングフェス2017でフェザー級で清水選手と戦うことになる「山本拓哉」選手を取り上げます。

山本選手は現在東洋太平洋フェザー級の15位にランクインされております。

 

しかし、対戦相手の清水選手はオリンピックで銅メダリストにも輝いたことがある実力者です。

山本選手は清水選手に勝つことができるのでしょうか?

 

そこで今回は、山本選手のプロフィールや経歴について調査していきます!

 

Sponsored Links


 

山本拓也のプロフィール

 


引用元

山本拓哉 やまもとたくや

生年月日 1989年5月6日

出身 滋賀県

戦績 14戦9勝5負(4KO)

引用元

 

  • 山本拓哉と清水聡を比較!
山本選手と清水選手はどう違うんでしょうかね?

というわけで比較してみました!
山本拓哉 清水聡
生年月日 1989年5月6日 1986年3月13年
デビュー戦 2013年5月19日 2016年9月14日
身長 171㎝ 179㎝
スタイル 右ボクサーファイター サウスポー、アウトボクシング
リーチ 不明 181㎝
戦績 14戦9勝5負(4KO) 2戦2勝0負(2KO)
 

こう見ると身長差かなりありますね・・・

リーチ幅が公開されていなかったのがちょっと気になりますね・・・・

大体の選手なら公開されているはずなのに・・・・

 

清水選手はプロに入るまでは「北京オリンピック」「ロンドンオリンピック」で出場しています。

高校時代から清水選手はプロの転向を勧められましたが、メダルの方を重視し

アマチュアボクシングでオリンピックに挑戦していました。

 

ですが、2016年のアジアオセアニア地区予選で、判定負けをしてしまい

自力での五輪出場がなくなり、そこからプロの転向をしました。

 

しかし、その後の試合は2戦しかないのですがKO勝利だけなので

流石元オリンピック選手といったところでしょうか・・・?

 

 

清水選手への世間の評価は高く、さらにアマチュア時代でも戦っておりますが

山本選手もアマチュア時代は40試合以上重ねており、戦績だけでは実力は測れません。

清水選手もアマチュア時代はかなり戦っているのでいまいち参考にならないのが正直なところですが

 

ですが清水選手は長身ですし、パワーのある右フックと左ストレートの連打が強い選手です。

おまけにオリンピックなどの大会で勝利をしておりますので、清水選手が上なのか・・?と思いますね・・・

そこから山本選手がどう戦うのか気になりますね・・・ボクシングにプロアマ関係あるのか・・?

 

Sponsored Links


 

山本拓哉の試合動画

 

対戦相手がわかる範囲で載せました。

上谷選手との試合は0-2で判定負けをしております。

こうして見てみると間合を取って戦っているように見える・・・

 
  • .VS 農上 央征

  • .VS オーランド ヒロ


.VS 上谷 雄太



 

まとめ

 

山本拓哉選手はプロ歴だと清水選手と比べて長くやられております。

戦い方も比較的安定した戦い方ではないかと思います。

 

清水選手はプロ入りで初めて日本人と戦うことになるのですが

それがどう影響するのでしょうかね・・・?

感じだと山本拓哉選手が負けそうですが、もしかしたら勝つかもしれない可能性はあります。

どんな試合結果になるのか楽しみですね!

 

以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございましたー

 
  • 5月21日出場者の関連記事
リカルドロドリゲス(ボクシング)の戦績やプレースタイルを調査!身長や筋肉も気になる!

ミランメリンド(フィリピン)の戦績や世界ランクを調査!筋肉や身長も気になる!

Sponsored Links

-スポーツとかなんとか, 番組