話題の出来事

小竹正剛の経歴や仕事(職業)はどこなのか気になる!寄付総額の金額がやばすぎる

投稿日:2018年10月8日 更新日:


こんにちはフラムです。

 

北海道胆振東部地震が発生しましたが

その被害をうけた6市町に約9億円を寄付したという

ものすごい方がいらっしゃいます。

 

その方というのが「小竹正剛」さんでして

その内訳が札幌市に5億円、胆振管内安平町に2億円

同管内厚真町に1億2千万円、同管内むかわ町に4千万円

北広島市と日高管内日高町は各2千万円。

といずれも高額な金額です。

 

今回は小竹さんの経歴や職業についてどこなのか気になりましたので

今回は小竹さんがどういう方なのかについて調査していきます。

 

Sponsored Links


 

小竹正剛の職業はなにか気になる

 

まず小竹さんの年齢などについて紹介します。

 

・名前:小竹正剛

・生年月日:非公開

・現在の年齢 86歳

・出身:北海道札幌市

 

小竹さんですがニュースサイトで発表されていたのは

「実業家」ということですね。

 

どうやら以前不動産業に携わっていたようなので

おそらく社長さんかなんでしょうか

 

ちなみに小竹さんの顔画像についてですが

80歳を超えていながらもかなり若々しい印象ですね。

 


引用元

 

また、札幌市内に防犯カメラを設置するための費用として

1億円を寄付するという大盤振る舞いを見せております。

 

また、小竹さんはこれまでに奨学金制度の充実や

7日開業する「札幌市図書・情報館」の整備への充当などをしており

札幌市に計12億寄付しております。

 

12億というとんでもない金額を

不動産業で稼いだということなので

もしかしたらバブルとかで稼いだ人なんでしょうかね。

 

Sponsored Links


 



 

小竹正剛の経歴について

 

小竹さんは札幌市内の定時制高校を卒業しており

卒業後は、1962年に燃料販売店を開業され、1988年に貸しビル業に転身し

その後は不動産業で70歳ぐらいまで活躍されていました。

 

寄付だけではなく、2001年には高齢者向けのデイサービスの施設を建設されたり

さまざまな奉仕活動をされていらっしゃいます。

 

そして2008年5月に札幌子に「若い人の奨学金として

4億8千万円を寄付しております。

なんと小竹さんは派手のPRするようことではなく

自然に伝わることをのぞんで奨学金を寄付したそうです。

 

70代までは現役で活動されており

2001年からは奉仕活動をされている方であります。

 

不動産業を70歳までされていましたので

12億も出せる資産を持っているというのは

少なからず納得の行くレベルであります。

どんぶり勘定ですが30年もやっていてるのは

かなり成功している実業家ではないかと思います。

 

Twitterでもこんな声もありますしね。


 


 

 

小竹正剛(札幌市)の顔画像や家族は?

 

Sponsored Links


 



 

札幌市豊平区にお住まいで、7歳年下の妻の郁子さんがいます。

「小竹正剛」で調べたら出てきたのですけれど、同じ札幌市豊平区で

同じ小竹姓の札幌市議会議員さんがいますが、もしかして娘さんとか??

 

ちなみに株式会社小竹建物の代表取締役になっております。

 

会社概要としては以下の通りです。

 

会社概要
屋号       株式会社 小竹建物(こたけたてもの)
代表取締役    小竹 知子
創立       2017年 3月
所在地      北海道札幌市豊平区月寒中央通6-3-28
メトロ月寒中央2F
資本金      1,000万円
事業年度     毎年4月1日から翌年3月末日まで
業務内容
ビルテナント
賃貸マンション
賃貸アパート

引用

 

ちなみに子供かな???と思うのは

小竹ともこさんであります。

 

さすがに確証はないので詳しい情報は載せませんが

もし本当だとしたら、小竹ともこさんのプロフィールに

二人姉妹の次女として生まれると書いてあるので

もしかしたら二人お子さんがいるかも知れません。

どうやらお子さんがいないようですね。

たまたま同姓同名だったという感じですね。

 

 

まとめ

 

以上で小竹さんについてでしたが

仕事をしながら定時制高校に通い

燃料店で地道に仕事をしてきたんですよね。

 

さらにバブル期には貸しビルできるレベルになったんでしょうかね

そういうことがあったからこと

小竹さんの今があるのではないかと思います。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links

-話題の出来事


  1. 町田 より:

    小竹さんは、子どもが居ないので、「あの世にお金を持っていけるわけでもない。」と、奥様と寄附を続けているのです。
    議員の小竹とも子は、何の関係もありません。
    たまたま同姓というだけです。
    小竹さんが被災者支援に向かったのは、札幌市職員による度重なる協力要請という、陰なる尽力があります。
    それに応えた小竹さんは、素晴らしい人物ですね。